Home » Linux、Nginx、MySQL、PHP(LEMP)スタックをUbuntu 20.04にインストールする方法
Tech News

Linux、Nginx、MySQL、PHP(LEMP)スタックをUbuntu 20.04にインストールする方法

はじめに

LEMPソフトウェアスタックは、PHPで記述された動的WebページとWebアプリケーションの提供に使用できるソフトウェアのグループです。これは、Nginx(「 Engine-X」と発音)Webサーバーを備えたL ** inuxオペレーティングシステムを表す頭字語です。バックエンドデータはMySQLデータベースに保存されており、動的コンテンツはP**HPが処理を行います。 

このガイドは、Ubuntu 20.04サーバーにLEMPスタックをインストールする方法を示します。Ubuntuオペレーティングシステムが最初の要件を処理します。ここでは、残りのコンポーネントを起動して実行する方法を説明します。

前提条件

このチュートリアルを完了するには、Ubuntu 20.04サーバーに通常のroot以外のsudoユーザーとしてアクセス可能で、サーバーでファイアウォールが有効になっている必要があります。 これをセットアップするには、Ubuntu 20.04 初期サーバーセットアップ設定ガイドを参照してください。

ステップ1 – Nginx Webサーバーのインストール

サイト訪問者にWebページを表示するために、高性能なWebサーバーであるNginxを採用します。aptパッケージマネージャーを使用して、このソフトウェアを入手します。

ここで初めてaptを使用するので、サーバーのパッケージインデックスを更新することから始めます。 その後、apt installを使用してNginxをインストールします。

  • sudo apt update
  • sudo apt install nginx

Nginxをインストールするか確認を求められたら、Y を入力します。インストールが完了すると、Ubuntu 20.04サーバー上でNginx Webサーバーはアクティブになり、稼働します。

初期セットアップガイドでも推奨されているように、ufw ファイアウォールを有効にしている場合は、Nginxへの接続を許可する必要があります。Nginxには、インストール時にufwアプリケーションプロファイルがいくつか登録されています。使用可能なUFWプロファイルを確認するには、次を実行します。

  • sudo ufw app list
Output
Available applications: Nginx Full Nginx HTTP Nginx HTTPS OpenSSH

必要なトラフィックを許可しながら、最も制限の厳しいプロファイルを有効にすることをお勧めします。 このガイドではまだサーバーにSSLを設定していないため、ポート80で通常のHTTPトラフィックを許可する設定にとどめます。

次を入力してこれを有効にします。

  • sudo ufw allow 'Nginx HTTP'

次のコマンドを実行して、変更を確認できます。

  • sudo ufw status

このコマンドの出力は、HTTPトラフィックが許可されていることを示します。

Output
Status: active To Action From -- ------ ---- OpenSSH ALLOW Anywhere Nginx HTTP ALLOW Anywhere OpenSSH (v6) ALLOW Anywhere (v6) Nginx HTTP (v6) ALLOW Anywhere (v6)

新しいファイアウォールルールを追加したら、Webブラウザでサーバーのドメイン名またはパブリックIPアドレスにアクセスして、サーバーが稼働しているかテストします。

サーバーを指すドメイン名がなく、サーバーのパブリックIPアドレスがわからない場合は、次のコマンドを実行して見つけることができます。

  • ip addr show eth0 | grep inet | awk '{ print $2; }' | sed 's//.*$//'

これにより、IPアドレスがいくつか出力されます。 Webブラウザでそれぞれを順番に試すことができます。

別の方法として、インターネット上の他の場所から表示されるアクセス可能なIPアドレスを確認できます。

  • curl -4 icanhazip.com

Webブラウザで受け取ったアドレスを入力すると、Nginxのデフォルトのランディングページに移動します。

http://server_domain_or_IP

Nginxデフォルトページ

このページが表示されたら、Nginxが正常にインストールされ、WebサーバーのHTTPトラフィックが有効になっています。

ステップ2 — MySQLをインストールする

Webサーバーを起動し実行したので、サイトのデータを保存および管理できるようにデータベースシステムをインストールする必要があります。MySQLはPHP環境で使用されている人気のデータベース管理システムです。

もう一度、aptを使用してこのソフトウェアを取得およびインストールします。

  • sudo apt install mysql-server

画面が表示されたら、Yを入力してからENTERキーを押して、インストールを確認します。

インストールが完了したら、MySQLがプリインストールされたセキュリティスクリプトを実行することをお勧めします。このスクリプトは、セキュリティに懸念のあるデフォルト設定の一部を削除し、データベースシステムへのアクセスをロックします。次を実行してインタラクティブスクリプトを起動します。

  • sudo mysql_secure_installation

VALIDATE PASSWORD PLUGINを設定したいかを尋ねられます。

注: この機能を有効にするかどうかは、判断する余地があります。有効にすると、指定した条件に一致しないパスワードはエラーとしてMySQLによって拒否されます。検証機能を無効にすれば安全ですが、データベース資格情報に常に強力でユニークなパスワードを使用する必要があります。

「はい」の場合はYと回答し、有効化せずに続行する場合は他の回答にしてください。

VALIDATE PASSWORD PLUGIN can be used to test passwords
and improve security. It checks the strength of password
and allows the users to set only those passwords which are
secure enough. Would you like to setup VALIDATE PASSWORD plugin?

Press y|Y for Yes, any other key for No:

「はい」に答えると、パスワード検証のレベルを選択するよう画面が表示されます。最強レベルに2を入力すると、数字、大文字、小文字、特殊文字を含まないパスワードや、一般的な辞書に出てくる単語をベースにした文字をパスワードとして設定するとエラーとなることに注意してください。

There are three levels of password validation policy:

LOW    Length >= 8
MEDIUM Length >= 8, numeric, mixed case, and special characters
STRONG Length >= 8, numeric, mixed case, special characters and dictionary              file

Please enter 0 = LOW, 1 = MEDIUM and 2 = STRONG: 1

VALIDATE PASSWORD PLUGINを設定したかどうかに関わらず、サーバーから次にMySQLrootユーザーのパスワードを選択して確認するよう求められます。これはシステムrootと混同されません。データベースrootユーザーは、データベースシステム上の権限を持つ管理ユーザーです。MySQL rootユーザーのデフォルト認証方法はパスワードを使用しませんが、1つが設定されている場合でも、追加の安全対策としてここで強力なパスワードを定義する必要があります。この点については後でお話します。

パスワード検証を有効にした場合は、入力したrootパスワードのパスワード強度が表示されます。お使いのサーバーからそのパスワードで続行するかどうか尋ねられます。現在のパスワードでよければ、画面の表示でYと入力します。

Estimated strength of the password: 100
Do you wish to continue with the password provided?(Press y|Y for Yes, any other key for No) : y

残りの質問については、画面の表示が現れるたびにYを押してからENTERキーを押します。これにより、一部の匿名ユーザーとテストデータベースを削除し、リモートrootログインを無効にし、MySQLが行なった変更をすぐに反映できるようにこれらの新しいルールをロードします。

完了したら、次を入力してMySQLコンソールにログインできるかどうかをテストします。

  • sudo mysql

これにより、管理データベースユーザーrootとしてMySQLサーバーに接続することができます。このコマンドを実行する際にsudoを使用することで推測されます。出力は次のようになります。

Output
Welcome to the MySQL monitor. Commands end with ; or g. Your MySQL connection id is 22 Server version: 8.0.19-0ubuntu5 (Ubuntu) Copyright (c) 2000, 2020, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. Oracle is a registered trademark of Oracle Corporation and/or its affiliates. Other names may be trademarks of their respective owners. Type 'help;' or 'h' for help. Type 'c' to clear the current input statement. mysql>

MySQLコンソールを終了するには、次のように入力します。

  • exit

mysql_secure_installationスクリプトを実行する際にパスワードを定義しているにもかかわらず、rootユーザーとして接続するためにパスワードを指定する必要がないことに注意してください。これは、管理者MySQLユーザーのデフォルトの認証方法が、passwordではなくunixsocketであるためです。これはセキュリティ上の問題のように見えるかもしれませんが、MySQLのrootユーザーとしてログインできるのは、sudo権限を持つシステムユーザーのみであり、コンソールから接続するか、同じ権限を持つアプリケーションを介して接続することができるため、データベースサーバーをより安全なものにしています。実用的な意味では、管理データベースのrootユーザーを使用してPHPアプリケーションから接続することができないということになります。root MySQLアカウントにパスワードを設定することは、デフォルトの認証方法が`unixsocketからpasswordに変更された場合のセーフガードとして機能します。`

セキュリティを強化するためには、特にサーバー上に複数のデータベースをホストしている場合は、データベースごとに拡張性の低い専用のユーザーアカウントを設定しておくとよいでしょう。

*注: *執筆時点では、ネイティブのMySQL PHPライブラリmysqlndは、MySQL 8のデフォルトの認証方法であるcaching_sha2_authenticationをサポートしていません。そのため、MySQL 8でPHPアプリケーションのデータベースユーザーを作成する際には、代わりにmysql_native_passwordを使用するように設定されていることを確認する必要があります。ステップ6でその方法について説明します。

これで MySQL サーバーがインストールされ、セキュリティが確保されました。次に、LEMPスタックの最後のコンポーネント、PHPをインストールします。

ステップ3 — PHPのインストール

コンテンツを提供するNginxがインストールされ、データを保存および管理するMySQLがインストールされました。今度はコードを処理し、Webサーバーに動的コンテンツを生成するPHPをインストールします。 

ApacheがPHPインタプリタを各リクエストに組み込むのに対し、Nginxは、PHP処理を行い、PHPインタプリタ自体とWebサーバーとの懸け橋として動作する外部プログラムを必要とします。これにより、ほとんどのPHPベースのWebサイトで全体的なパフォーマンスが向上できますが、追加設定が必要です。「PHP fastCGIプロセスマネージャー」を表すphp-fpmをインストールし、このソフトウェアにPHPリクエストを渡すよう、Nginxに指示します。また、PHPとMySQLベースのデータベースとの通信を可能にするPHPモジュールphp-mysqlも必要です。 コアとなるPHPパッケージは依存関係として自動的にインストールされます。

php-fpmphp-mysqlパッケージをインストールするには、次を実行します。

  • sudo apt install php-fpm php-mysql

インストールするか確認を求められたら、YENTERキーを押します。

これで、PHPコンポーネントがインストールされました。次に、Nginxを設定して使用します。

ステップ4 — PHPプロセッサを使用するためのNginxの設定

Nginx Webサーバーを使用する場合、server blocks(Apacheの仮想ホストに類似)を作成すると、詳細設定をカプセル化して、単一サーバーで複数のドメインのホストが可能になります。   このガイドでは、your_domainをドメイン名の例として使用します。 DigitalOceanを使用したドメイン名の設定の詳細については、DigitalOcean DNSの紹介をご覧ください。

Ubuntu 20.04のNginxには、デフォルトで有効になっているサーバーブロックが1つあり、/var/ www/html 内のディレクトリからドキュメントを提供するように設定されています。これは単一のサイトではうまく機能しますが、複数のサイトをホストしている場合は扱いにくいことがあります。var/www/htmlを修正する代わりに、クライアントのリクエストが他のサイトと一致しない場合に表示されるデフォルトのディレクトリとして/var/www/htmlをそのまま残し、/var/www内にyour_domainWebサイトのディレクトリ構造を作成します。       

your_domainのroot webディレクトリを次のように作成します。

  • sudo mkdir /var/www/your_domain

次に、現在のシステムユーザーを参照する環境変数$USERでディレクトリの所有権を割り当てます。

  • sudo chown -R $USER:$USER /var/www/your_domain

それから、お好みのコマンドラインエディタを使ってNginxのsites-availableディレクトリでに新しい設定ファイルを開きます。 ここでは、nanoを使用します。

  • sudo nano /etc/nginx/sites-available/your_domain

これにより、新しい空白ファイルを作成します。次のbare-bones 設定に貼り付けます。

/etc/nginx/sites-available/your_domain
server {
    listen 80;
    server_name your_domain www.your_domain;
    root /var/www/your_domain;

    index index.html index.htm index.php;

    location / {
        try_files $uri $uri/ =404;
    }

    location ~ .php$ {
        include snippets/fastcgi-php.conf;
        fastcgi_pass unix:/var/run/php/php7.4-fpm.sock;
     }

    location ~ /.ht {
        deny all;
    }

}


これらの各ディレクティブとロケーションブロックの機能は次のとおりです。

  • listenーNginxがリッスンするポートを定義します。この場合、HTTPのデフォルトポートであるポート80でリッスンします。
  • root — Webサイトが提供するファイルが保存されるドキュメントルートを定義します。
  • index — Nginxが優先するWebサイトのインデックスファイルの順位を定義します。PHPアプリケーションでメンテナンスランディングページを手早くセットアップできるように、index.htmlファイルの優先順位はindex.phpファイルより高いのが一般的です。 アプリケーションニーズに合わせてこれらの設定を調整できます。
  • server_name — このサーバーブロックがどのドメイン名および/またはIPアドレスに応答するかを定義します。このディレクティブをサーバーのドメイン名またはパブリックIPアドレスに指定します
  • location / — 最初のロケーションブロックに含まれるtry_filesは、URIリクエストに一致するファイル やディレクトリをチェックします。Nginxが該当するリソースを見つけられない場合、404エラーを返します。
  • location ~ .php$ーこのロケーションブロックは、実際のPHP処理を行い、Nginxを設定ファイルfastcgi-php.confとソケットファイルphp7.4-fpm.sockに接続します。php7.4-fpm.sockはphp-fpmと関連付けされたソケットを宣言します。
  • location ~ /.ht — 最後のロケーションブロックは、Nginxが処理しない.htaccessファイルを処理します。deny allディレクティブを追加することにより、.htaccessファイルがたまたまドキュメントルートを見つけても、訪問者がアクセスできないようにします。  

編集が完了したら、ファイルを保存して閉じます。 nanoを使用した場合は、CTRL + XYENTERキーを押します。

Nginxのsites-enabledディレクトリから、設定ファイルにリンクして設定を有効化します。

  • sudo ln -s /etc/nginx/sites-available/your_domain /etc/nginx/sites-enabled/

これは、Nginxが次回のリロード時にこの設定を使用するよう、Nginxに指示するものです。 次を入力して新しい設定に構文エラーがないかテストします。

  • sudo nginx -t

エラーが報告された場合は、設定ファイルに戻って内容を再確認してから続行してください。 

準備ができたら、Nginxをリロードして変更を反映します。

  • sudo systemctl reload nginx

新しいWebサイトはアクティブになりましたが、Web root /var/www/your_domainはまだ空です。同じ場所にindex.htmlファイルを作成し、バーチャルホストが期待通りに動作するかどうかテストます。

  • nano /var/www/your_domain/index.html

このファイルに以下のコンテンツを含みます。

/var/www/your_domain/index.html
<html>
  <head>
    <title>your_domain website</title>
  </head>
  <body>
    <h1>Hello World!</h1>

    <p>This is the landing page of <strong>your_domain</strong>.</p>
  </body>
</html>

次にブラウザから、server_nameディレクティブ内の記載通り、サーバーのドメイン名またはIPアドレスへアクセスします。

http://server_domain_or_IP

以下のページが表示されます。

Nginxサーバーブロック

このページが表示されたら、お使いのNginxサーバーブロックが期待通りに動作していることを意味します。

このファイルは、index.phpファイルを置き換えるために設定するまでの間、アプリケーションの一時的なランディングページとして残しておくことができます。設定したら、忘れずにindex.html ファイルをドキュメントrootから削除するか、名前を変更してください。デフォルトではindex.phpファイルよりも優先されます。

これでLEMPスタックの設定は完了です。次のステップでは、Nginxが新たに設定したWebサイトで.phpファイルを実際に処理できるかテストするPHPスクリプトを作成します。

ステップ5 – Nginxを使用したPHPテスト

これでLEMPスタックは完全にセットアップされました。Nginxが問題なく php ファイルをPHPプロセッサに渡せるか、検証テストを実施します。 

これを行うには、ドキュメントrootにテストPHPファイルを作成します。テキストエディターで、ドキュメントルートに info.phpという名前の新しいファイルを開きます。

  • nano /var/www/your_domain/info.php

新しいファイルに次の行を入力するか貼り付けます。 これは、サーバー情報を返す有効なPHPコードです。

/var/www/your_domain/info.php
<?php
phpinfo();

完了したら、CTRL+XYENTERキーの順に押してファイルを保存して閉じます。

これで、Webサイトに設定されているドメイン名またはパブリックIPアドレスの後に/info.phpを続けて、このページにアクセスすることができるようになりました。

http://server_domain_or_IP/info.php

サーバーに関する詳細情報が載ったWebページが表示されます。

PHPInfo Ubuntu 20.04

このページ上のPHPサーバーに関する情報を確認した後は、作成したファイルにはPHP環境およびUbuntuサーバーに関する機密情報が含まれているため、削除しておいた方がよいでしょう。rmを使用して、ファイルを削除できます。

  • sudo rm /var/www/your_domain/info.php

後で必要になった場合は、いつでもこのファイルを再生成できます。

ステップ6 — PHPからデータベース接続をテストする(オプション)

PHPがMySQLに接続してデータベースクエリを実行できるかどうかをテストしたい場合は、ダミーデータを含むテストテーブルを作成し、PHPスクリプトからそのコンテンツをクエリすることができます。その前に、テスト用のデータベースを作成し、それにアクセスできるように適切に設定された新しいMySQLユーザーを用意する必要があります。

執筆時点では、ネイティブのMySQL PHPライブラリであるmysqlndは、MySQL 8のデフォルトの認証方法であるcaching_sha2_authenticationをサポートしていません。PHPからMySQLデータベースに接続できるようにするためには、mysql_native_password認証方法で新しいユーザーを作成する必要があります。

ここではexample_databaseという名前のデータベースと example_user という名前のユーザーを作成しますが、これらの名前は別の値に置き換えることができます。

まず、rootアカウントを使用して、MySQLコンソールに接続します。

  • sudo mysql

新しいデータベースを作成するには、MySQLコンソールから以下のコマンドを実行します。

  • CREATE DATABASE example_database;

これで、新しいユーザーを作成し、作成したカスタムデータベースに完全な権限を付与できます。

次のコマンドは、デフォルトの認証方法としてmysql_native_passwordを使用して、example_userという名前の新しいユーザーを作成します。 このユーザーのパスワードをpasswordとして定義していますが、この値を自分で選択した安全なパスワードに置き換えておくとよいでしょう。

  • CREATE USER 'example_user'@'%' IDENTIFIED WITH mysql_native_password BY 'password';

ここで、このユーザーにexample_databaseデータベースに対する権限を与える必要があります。

  • GRANT ALL ON example_database.* TO 'example_user'@'%';

これにより、example_userユーザーにexample_databaseデータベースに対する完全な権限が与えられ、またこのユーザーによるサーバー上の他のデータベースの作成・変更を防ぎます。

以下を使用してMySQLシェルを終了します。

  • exit

新しいユーザーが適切な権限を持っているかどうかは、MySQLコンソールに再度ログインしてテストすることができます。カスタムユーザーの資格を使用します。

  • mysql -u example_user -p

このコマンドの -p フラグに注意してください。これは、example_userユーザーを作成する際に使用したパスワードを要求します。MySQLコンソールにログインした後、example_databaseデータベースにアクセスできることを確認してください。

  • SHOW DATABASES;

これにより、以下が出力されます。

Output
+--------------------+ | Database | +--------------------+ | example_database | | information_schema | +--------------------+ 2 rows in set (0.000 sec)

次に、todo_listという名前のテストテーブルを作成します。MySQLコンソールから、次のステートメントを実行します。

  • CREATE TABLE example_database.todo_list (
  • item_id INT AUTO_INCREMENT,
  • content VARCHAR(255),
  • PRIMARY KEY(item_id)
  • );

テストテーブルにコンテンツの数行を挿入します。異なる値を使用して、次のコマンドを数回繰り返したい場合があります。

  • INSERT INTO example_database.todo_list (content) VALUES ("My first important item");

データが正常にテーブルに保存されたことを確認するには、以下を実行します。

  • SELECT * FROM example_database.todo_list;

次の出力が表示されます。

Output
+---------+--------------------------+ | item_id | content | +---------+--------------------------+ | 1 | My first important item | | 2 | My second important item | | 3 | My third important item | | 4 | and this one more thing | +---------+--------------------------+ 4 rows in set (0.000 sec)

テストテーブルに有効なデータがあることを確認した後、MySQLコンソールを終了できます。

  • exit

これで、MySQLに接続してコンテンツにクエリを出すPHPスクリプトを作成することができます。お好みのエディタを使用して、カスタムWeb rootディレクトリに新しいPHPファイルを作成してください。ここでは、nanoを使用します。

  • nano /var/www/your_domain/todo_list.php

次のPHPスクリプトは、MySQLデータベースに接続してtodo_listテーブルの内容をクエリし、結果をリストで表示します。データベース接続に問題がある場合、例外をスローします。このコンテンツをtodo_list.phpスクリプトにコピーします。

/var/www/your_domain/todo_list.php
<?php
$user = "example_user";
$password = "password";
$database = "example_database";
$table = "todo_list";

try {
  $db = new PDO("mysql:host=localhost;dbname=$database", $user, $password);
  echo "<h2>TODO</h2><ol>";
  foreach($db->query("SELECT content FROM $table") as $row) {
    echo "<li>" . $row['content'] . "</li>";
  }
  echo "</ol>";
} catch (PDOException $e) {
    print "Error!: " . $e->getMessage() . "<br/>";
    die();
}

編集が完了したら、ファイルを保存して閉じます。

これで、ウェブサイトに設定されているドメイン名またはパブリックIPアドレスの後に、/todo_list.phpを続けて、このページにアクセスすることができます。

http://server_domain_or_IP/todo_list.php

ページが表示され、テストテーブルに挿入したコンテンツが表示されます。

Example PHP todo list

これでPHP環境はあなたのMySQLサーバーと接続してやりとりする準備ができました。

まとめ

このガイドでは、WebサーバーとしてNginxを、データベースシステムとしてMySQLを使用して、訪問者にPHP Webサイトやアプリケーションを提供するための柔軟な基盤を構築しました。  

Related posts

How to Send Messages with Effects in macOS Big Sur

abihordun

iOS 14: How to Watch 4K YouTube Videos on iPhone, iPad, and Apple TV

abihordun

Android will get ultra-wideband support for smarter item trackers and car keys

abihordun

This website uses cookies to improve your experience. We'll assume you're ok with this, but you can opt-out if you wish. Accept Read More

Privacy & Cookies Policy